大平富義のブログ - 株式会社リモデルハウス

アートのイベントで展示品が燃えて一人亡くなりました

投稿日:2016年11月7日 | カテゴリー:りふぉーむやの思い

ご存知のように、昨日展示品が燃えて幼稚園児が亡くなる事故が起きました。

非常に悲しい出来事です。孫と同年代で可愛い盛りです。怖かっただろうし

痛かっただろうと、本人を思い、家族を思って何度も何度もニュースを見ました。

 

事故はその人の意思に反して起きますが、今回のことに関しては、製作者の学生、

顧問教職員、大学、そして一番の責任者は主催者と思っています。多くの人が集

まる会場では、最悪の事態に備えて万全を期しておくことが必要と思います。

 

今回の場合、警備員の配置、消火器の設置等はもちろんのこと、ジャングルジムの

場合それに登ることも可能だったらしいので、強度の確認も必要です。

私も何度かイベントの主催者の経験がありますが、気の使うことばかりで一番の

目標は事故なく無事フィナーレを飾ることでした。

 

今回の事故で驚いたのは、大きな事故を起こしながら、イベントを続けていたこと

です。ことの重大さを主催者はあまり考えていないようです。私に言わせれば主催

者失格です。