大平富義のブログ - 株式会社リモデルハウス

ものづくりにチャレンジ学生

投稿日:2018年11月19日 | カテゴリー:りふぉーむやの思い

桜田五輪担当大臣がパソコンをいじったことが無いと発言したことで一躍有名になりましたが、

私も同じ団塊世代です。

先日母校でものづくりにチャレンジしている学生との交流会に参加しましたが、高齢者であり

部外の私には少し難しすぎました。

身近な人に良く話すのですが「生まれるのが早すぎた。もう少し遅く生まれていたならパソコンを

使いこなせるのに」と。

残念ながらこの時代の流れの早さについていけません。

先日、録画して見ていた朝ドラ「まんぷく」は、終戦復興の動乱の時代に製塩業を始めた頃の場面

でした。

隣で一緒に見ていた妻が「あんたもこの時代に生きていたらよかったのにナー」と一言。

おもわず私も「せやナー」

妻の真意は不明?

たぶん私の生き方、考え方が今の時代より激動の時代の方がピッタリとしていると解釈。