大平富義のブログ - 株式会社リモデルハウス

エンジニアの卵応援シリーズ・・・(Cybathlon…サイバスロン)

投稿日:2019年8月8日 | カテゴリー:お知らせ > りふぉーむやの思い

サイバスロン大会は、障がいを持つ人が選手となり、先端技術を駆使したアシスト機能を

使い、日常生活に必要な動作によってさまざまなバリアーを乗り越えることを競う6種目で

構成された国際競技大会です。

机といすの間を通ったり、傾斜した場所や丸太を乗り越え、扉の開閉等日常生活で起こるで

あろう条件の悪い状態を再現して走破するレースです。

母校大阪電気通信大学と大阪電気通信大学高校との連携でこの大会に初めて出場することに

なりました。大会会場のバリアーを再現して学内で走行実験を繰り返し、修正、改良を繰り

返して準備を整えてきたそうです。そして完成した電動車いすで大会に臨み、その結果初出

場で4位という成績を残すことが出来ました。

今回は日本での開催でしたが、2020年はスイスでの開催となるそうです。

縁あってこの走行電動車に、当社のロゴ入りステッカーを貼っていただきました。

来年も今年以上の成績を残されることを願っております。